2万円台のスキンケア商品

訪問販売をしている商品は、どちらかというとドラッグストアで買えるナリス化粧品のシリーズに比べると値段設定が高めですね。
お手ごろなものでは1000円台から、と敷居が低いのもあれば、2万円台のスキンケア商品なども売っていますね。
一番高価なのでも、2万円台だから訪問販売系というともっと高いようなイメージありますけど、敷居がそんなに高くないのもナリス化粧品の良いところかな、と思います。
「販売員さんに来てもらわないと、どんな商品だか、良く分からない・・・」という心配は特になさそうですね。

健康と医療 関連情報

全国の認知症高齢者の人数は05年の約205万人から、2035年には2.2倍にあたる約445万人になる、と厚生労働省研究班が推計を出した。増加は、埼玉県の3.1倍を筆頭に首都圏で大きく、愛知県や大阪府などでも2.5倍を超える見通しだ。 医療事務課の40歳代の男性職員が12日、院内のパソコンで入退院記録などをまとめようとデータをUSBメモリーに保存し、財布に入れたが、25日になって紛失に気付いたという。報告を受けた同病院は27日、福井県警へ遺失届を提出し、該当患者らに電話で謝罪した。保存データには、患者の住所や電話番号、病歴は含まれていないという。 がん患者や家族、支援者らが夜通し歩き、がん征圧や患者支援を訴える「リレー・フォー・ライフ」(日本対がん協会など主催)が30日、全国6カ所のトップを切り、北海道室蘭市の祝津臨海公園で始まった。約500人が参加。31日正午まで、チームを組んでリレーしながら24時間歩き続ける。  ただ、算定に使った80年代調査は当時の知見から、認知症とされた人はアルツハイマー型や脳卒中後の重症患者に限られていた。その後、診断技術が向上したほか、認知症の原因となる別の病気がみつかり診断基準が明確になっている。これらを考慮すると、今回の推計より患者数は増える可能性がある。