住所、ネットカフェ

ネットカフェ難民とは?
定住する住居を所有せず寝泊りする場としてインターネットカフェを利用する人々を指した造語。
<出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)>
ネットカフェ難民の家代わりをしているのが、ネットカフェだ。
そして彼らの身の回りのものの収納場所は、主にコインロッカーになる。
そして日雇い労働をして、その日暮らしをしているネットカフェ難民。
彼らの住所はどこになるのか??
仕事をする際や、契約など、さまざまな面で証明書など必要となってくるのではないだろうか。
そんなときはどうしているのだろう。
住所、ネットカフェとでも書くのか。そんなわけないか。

お役立ち 関連情報

低気圧や前線の影響で24日、大気の状態が不安定となり、東海を中心に局地的な大雨となった。気象庁は、東海や東北は25日も雷を伴って大雨となる恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。静岡県の御前崎で1時間に48・5ミリの激しい雨が降り、この地点の8月としては観測史上最多を記録したほか、三重県の鳥羽で時間雨量54・5ミリ、伊豆諸島の神津島で40・0ミリを観測。東北や関東甲信でも雨脚が強まった。 当初提示されたTOB価格について、低すぎるとの見解を表明していたユニオンバンカル(UNBC)の社外取締役で構成する特別委員会は、新しい価格の受け入れをユニオンバンカルの取締役会に提案した。同取締役会はこの提案を受け、完全子会社化に向けた契約書を承認すると同時に、少数株主に対してTOBに応募するよう求めることを決議した。これにより、TOB価格をめぐる三菱UFJと特別委との交渉は一転決着した。 日本列島は日本海上空の寒気に南東から湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となり、三重県の鳥羽で時間雨量72ミリ、神奈川県の辻堂で60・5ミリを記録するなど、30日も東北から西日本の広い範囲で局地的に50ミリを超える大雨となった。 31日朝にかけても大気の状態が不安定で、1時間で80ミリを超える猛烈な大雨になる地域もあると予想され、気象庁は土砂災害や河川の増水、浸水に警戒するよう呼び掛けている。日本列島は30日も、東北から近畿にかけて局地的な大雨となった。気象庁は31日朝にかけても1時間に30−50ミリ、所により80ミリを超す猛烈な雨や落雷、突風の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。 ゲームソフト大手のスクウェア・エニックスは29日、同業のテクモに対して株式公開買い付け(TOB)を提案したと発表した。9月4日までにテクモ取締役会の賛同を得た上でTOB実施に踏み切るため、「同意が得られない場合は撤回する」と説明している。